原発事故被曝対策について③ホメオパシー

今回の原発事故による被爆に対して有効性が高いと考えられるホメオパシーレメディは下記のとおりです。

①Uranium30c(ウラン)
②Caesium30c(セシウム)
③Strontium-met12c(ストロンチウム)
④Plutnium30c(プルトニウム)
⑤Radium brom30c(臭化ラジウム)

健康相談でご相談いただければ個人の状況や状態にあわせた個別性のあるレメディーを選択できますが、そうでない場合は1日のうちに全5種類すべてをそれぞれ1時間以上空けて1粒ずつ服用することをお勧めします。


バイオケミカル療法のCalc-phos12xやKali-iod3x(詳しくは→こちら)を飲んでいる方は個々のホメオパシーレメディと30分以上ずらして併用して下さい。

※記事の内容に関するご質問やお問い合わせは下記で承ります。

◎ひもろぎ庵 メール
0470-60-88241

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原発事故被曝対策について③ホメオパシー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://himorogian.jp/mtos/mt-tb.cgi/46

コメントする