内部被曝の浄化法②(クレイの服用)

(クレイの服用)

日本では馴染みがありませんが、人類は太古の昔からクレイ(粘土)を食べてきました。

アメリカ・インディアンにはクレイを薬として食べてきた伝統があり、中国では漢方薬として用いられてきたという歴史があります。
ロシアではクレイが強酸性の胃液をアルカリ化する作用を利用して胃潰瘍の治療薬として用いられてきました。
また、ロシアでは妊婦がクレイを食べることでつわりが軽くなり安産をもたらし、産後の肥立ちも良いことが知られていました。
マレーシアでは産気づいた妊婦は安産のためにクレイを食べていました。
ニューギニアでは妊婦は胎児の健全な成長を願ってクレイを食べていました。
インドのマハトマ・ガンジーは便秘を解消するためにクレイを推奨しました。
クレイ療法が最も盛んな国のひとつであるフランスでは整腸剤にクレイを使用しています。
クレイはさまざまな地域で飢饉時の食糧としてたくさんの人々を救ってきました。

クレイは古代の火山灰が堆積してできた堆積岩の一部が長い年月にわたって風雨や圧力にさらされて変容したミネラル分を含む粘土層に存在します。
服用に適したクレイは地下の深いところから採掘されるため、放射性物質や公害物質などによる汚染はありません。


クレイには下記の作用があります。


◎解毒作用により体内の老廃物や膿・炎症を取り除き生命機能を活性化させる。

◎免疫系を強化し、細胞組織を再生する。

◎飲用により胃や小腸の働きを不活性化する腸内細菌など悪玉菌の働きを抑制する。

◎皮膚の再生治癒力を高めるため、傷や火傷は傷跡を残さず早く治癒し、しわを改善する。

◎皮脂の分泌過剰を正常にする。

◎肉体疲労による排出力低下の場合、毒素やガスを吸収して排出する。

◎飲用により腸内細菌のバランスを整える。

◎イオン交換作用によって不必要なものを中和したり排泄したりする。

◎放射能を吸収し、悪影響を減少させることができる。

◎身体のバランスを調整する。

◎消毒・消臭作用がある。

◎細菌の繁殖を防ぐ中和作用がある。

◎身体の重要な部分(肝臓・腎臓・腸)に湿布するとその部分が正常化する。

◎体内の過剰なミネラルを排出し、欠乏しているミネラルを補う。

◎クレイに含まれているカルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウム、硫黄、マンガン、ケイ素......その他の微量な成分が補給される。


★クレイの好転反応

クレイ療法に副作用はありませんが、使用者がそれまでに溜め込んできた毒素や老廃物の量、年齢、過去の医療経験、食生活、遺伝的傾向...などによっては下記のような症状を経験することがあります。


・臭いオナラが出る

・排尿や排便が通常より多くなる

・皮膚が荒れたり湿疹ができたりする

・体中に奇妙な痛みを感じる

・疲労や倦怠感を感じやすい

・不安で緊張するようになる


これらの症状は使用者がより健康な状態へと向かっていることを意味しています。
細胞がニコチン・カフェイン・薬物・汚染物質・砂糖・放射性物質・その他多くの物質を取り除いているのです。


大切なことは、あなたが本当に好転反応を経験している時に薬や大量のハーブやビタミン類を摂取しないこと、クレイの摂取量を制限することはあっても完全に取り除かないこと、です。

※バッチフラワーレメディのリカバリーレメディとクラブアップルやバイタルティッシュソルト(生命組織塩)のNat-phos(リン酸ナトリウム)とNat-sulph(硫酸ナトリウム)とSilica(二酸化ケイ素)をクレイと併用すれば相乗的に浄化を促進し、好転反応をすみやかに解消する助けとなるでしょう。(バッチフラワーエッセンスやバイタルティッシュソルトについては専門家にご相談下さい。)


※クレイの飲用について

クレイ療法の真骨頂が飲用であることは言を待ちません。

先に挙げたクレイの作用のほとんどは、飲用することによって最も大きな効果が得られます。

私は7年以上クレイを断続的に飲用していますが、非常に良い効果を感じ続けています。


★クレイは放射性物質を浄化する

クレイ(モンモリオナイト)はナノレベルの多層構造を持つ極小の分子から出来ており、表面積のほとんどを占めるトランプカード状の平らな表面はマイナスイオンに帯電しているため、プラスに帯電する「プルトニウム」、「セシウム」、「ウラン」、「ストロンチウム」や老廃物などを「吸着」します。

モンモリオナイトは多層構造であるため1グラム当たり800㎡にも及ぶ広大な表面積を有します。
800㎡とはサッカー競技場10個分に当たります。
つまりわずかな量で多くのプラスに帯電した粒子や毒物を「吸着」するのです。

また、クレイには層の間にある空間に無数の物質を「吸収」する働きがあり、水分を吸収すると5倍以上に膨張し、イオン化して吸着力を活性化する一方、層間の容積を増して吸収するスペースを拡大します。


◎クレイは水分を与えることで作用が増大しますので、一定時間(6時間以上)水に浸けてから使用することが大切です。

私が使っている国産モンモリオナイトは水に浸けると24時間後まで膨張を続けると言われていますので、可能なら24時間以上水に浸けておくのがベストです。

フタのついている容器に入れて冷蔵庫で保管すれば少なくとも一週間は傷む心配がありません。

◎クレイを服用すると体内にある放射性物質や他の環境汚染物質、老廃物などを吸着吸収し、主に大便と共に体外に排泄されます。

◎毎日ティースプーン1杯分(子供はその半分)のクレイパウダーを少なくとも6時間以上水に浸けてから空腹時に飲用して下さい。

みかんジュースやリンゴジュースなどを混ぜると飲みやすくなります。

◎クレイパウダーは非金属製の陶器やガラス製の容器の中で、非金属製のスプーンなどを用いて軟水と混ぜ合わせて下さい。
これはクレイのイオン的な働き(吸着力)を損なわないために必要な配慮です。

◎クレイを服用した日は水分を多めに摂取することでクレイの働きを十分に引き出すことができます。

◎便秘症の方は最初の10日間はクレイを水に浸けた上澄みだけを飲んで体を慣らしてから徐々にクレイを服用するようにして下さい。

◎薬物を服用している人はクレイを飲まないで下さい。薬物の成分を吸着吸収して排出してしまいます。

◎クレイを服用して不快な症状がある場合は服用量を減らすか上澄みだけを飲用して様子をみて下さい。改善しない場合はクレイ療法家にご相談下さい。

◎クレイは適量であれば長期間服用しても全く無害で安全です。

◎クレイの内服による医学的効果は研究の遅れている日本ではまだ知られておらず、クレイ単独で食品や健康食品として認可を受けたケースは(私の知る限りでは)ありませんが、ひもろぎ庵が推薦する国産クレイは安全性と効果に実績がありますので、自己責任においてセルフケアに活用していただければ幸いです。

身土不二という言葉はまさに読んで字のごとく、人間の肉体と国土はひとつのものであるという意味ですが、国土を食べることで体内を浄化し滋養強壮を図る国産クレイの服用こそが真の身土不二を具現する養生法であることは疑いの余地がありません。

記事についてのお問い合わせは下記までお願いします。

ひもろぎ庵

info@himorogian.jp
0470-60-8824

下山田吉成

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 内部被曝の浄化法②(クレイの服用)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://himorogian.jp/mtos/mt-tb.cgi/79

コメントする